借りぐらしのアリエッティ|翔の手術は成功?その理由とその後を考察

出典:IMDb
この記事は約6分で読めます。

2010年公開、スタジオジブリ作品『借りぐらしのアリエッティ』。

 

「人間に見られてはいけない」という掟を持ち、住み着いた人間の家から物を借りながらひっそりと家族で暮らしていた小人のアリエッティ(声:志田未来)と、心臓病の療養のためにやってきた人間の少年・(声:神木隆之介)の交流を描く心温まる作品です。

 

心臓の病による手術を控え、「死ぬのは僕の方だ」と悲観していた翔。

その後アリエッティと出会うことによって、生きる希望を見出します。

 

物語は、新天地へ引っ越すアリエッティと翔の別れのシーンで幕を閉じます。

その後は一切描かれていません。

 

なので、翔の手術の結果やその後が気になりますよね?

 

この記事では、

 

・翔の手術は成功したのか?理由は?

・物語のその後はどうなった?

 

ということについて、考察していきます。

 

 

 

Arrietty (2012) – Official Trailer (Japanese)

 

翔の手術は成功したと思う理由

出典:IMDb

 

心臓病の療養のために、アリエッティたちが隠れ住む屋敷にやってきた翔。

生きることにすら悲観的になっていた翔の様子からも、手術はどうなったのかと心配が募ります。

 

しかし、手術が成功したと思える、ある『台詞』があるのです。

 

冒頭の翔の台詞

アリエッティと別れたその2日後に手術を控えているとのことでしたが、その手術は、成功したと考えられます

 

なぜなら、物語の冒頭に翔自身の言葉で、

 

僕はあの年の夏、母の育った古い屋敷で一週間だけ過ごした

 

と語られているからです。

 

「あの年の夏」という言葉からわかる通り、これは未来の翔の語りであることは間違いないでしょう。

年単位で回想しているところから物語が始まりますから、やはり2日後に控えていた手術は無事成功した、と考えられます。

 

原作では登場しない、翔という人物

原作は、メアリー・ノートン著「床下の小人たち」という小説です。

 

イギリスの小説ですので、翔はもちろん翔にあたる人物も登場しません。

ですから、その後をはっきりと知る手がかりはないのです・・・。

 

やっと生きる希望を持ち、手術を「頑張る」と口にした翔。

しかもまだ12歳の少年です。

 

手術が成功して、翔が元気に過ごしていることを願いたいですね。

 

翔の手術は失敗だとする説を解説

 

物語の中でも、ベッドに身体を預けていたり、少し走っただけで息切れして苦しそうにしていたりと、その病状は決して軽くはないことが伺えました。

 

前述した冒頭の語りが手術の成功を裏付けているように感じますが、その一方で、ネット上には翔の手術は失敗だとする説もあるのです。

 

その理由を調べてみました。

 

手術失敗説に関する意見(一部)

・物語の中で、手術後にアリエッティと再会するシーンが描かれていない

・アリエッティとの別れのために走ったことで負担がかかり、手術に耐えられなかった

・冒頭の語りは必ずしも生きている翔の語りだとは言い切れない(走馬灯のように思い出しているのでは?)

 

やはり、手術後のシーンが描かれていないことが失敗説につながっているように感じました。

 

手術失敗説に対する私見

限られた映画時間の中で、手術後まで描くことは難しかったのでは・・・?というのが筆者の意見です。

 

アリエッティ達は新天地へ旅立ちました。

新しい家にたどりつくまでも冒険があることでしょう。
新しい家でも、また新たな生活を始めるにあたって困難があると思います。

 

翔は手術後にも療養することになるでしょう。
重い病気であるからして、一度の手術で完治するとは限りません。

もしかしたら、これからも闘病を続けながらゆっくり回復して、元気になっていくのかもしれないのです。

きっと、旅立った小さなアリエッティのことを思い出しながら・・・。

 

結論、

そこまでの更なる冒険・後日談を映画に盛り込むことは難しいのではないでしょうか。

 

 

・最後は想像におまかせする

・前向きな2人の別れを描く

 

そうすることで、未来への希望を持った終わりかたになっています。

 

ですから単純に、

手術後が描かれなかった=手術は失敗した

にはならないのではないかと思うのです。

 

たしかに、物語のラストで翔が走ったことは事実です。

わたしは、その姿にむしろ翔の「生きる力」のようなものを感じました。

 

アリエッティに出会わなければ、走るなんて行動は起こさなかったでしょう。

 

翔の勇気や決意が感じられたシーン。

それがきっかけで手術が失敗したとは考えたくないというのが本音です。

 

以上の考え(希望)から、わたしはやはり手術成功説を信じたいと思います!

 

翔の手術は成功?その理由とその後を考察のまとめ

Arrietty (2012) – Official Trailer (Japanese)

 

ここまで、『借りぐらしのアリエッティ』のその後、翔の手術結果にフォーカスを当てて考察してきました。

 

冒頭の語りは、手術が成功して、快方に向かっている翔の言葉であると信じたいです。

 

前向きに旅立ちを決めたアリエッティ、生きる希望を持てた翔。

温かいエンディングのその後は、是非ハッピーなものであってほしいと感じました。

 

皆さんは、どう感じましたでしょうか?

 

 
以上、借りぐらしのアリエッティ|翔の手術は成功?その理由とその後を考察についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] 借りぐらしのアリエッティ|翔の手術は成功?その理由とその後を考察…s… […]

  3. […] 借りぐらしのアリエッティ|翔の手術は成功?その理由とその後を考察…s… […]

タイトルとURLをコピーしました