E.T.丨ネタバレ結末をあらすじと共に紹介!見どころも!

出典:Yahoo!
この記事は約8分で読めます。

宇宙人の映画と言えば?と聞けば、絶対に出てくるといっても過言ではない、SFファンタジーの名作映画『E.T.』。

 

少年と宇宙人のE.T.の交流を描き、きっと誰もがE.T.と自分も友達になりたい!と思ったのではないでしょうか。

初めて公開されたのは1982年ですが、人差し指を合わせる仕草や、壮大な音楽など、今も尚愛され続ける名作です。

 

今回は、映画『E.T』のあらすじを改めてネタバレありで解説していきます!見どころも紹介していきますので、是非参考にしてくださいね。

 

この記事で分かること

・『E.T.』のあらすじネタバレ!心通わせた宇宙人と少年が迎えた結末とは?

・子ども達の成長を感じられるストーリーとその感想!

 

E.T.丨予告動画

映画 「E.T.」 劇場予告

E.T.丨作品情報

タイトル E.T.
原題 E.T. The Extra-Terrestrial
日本公開日 1982年12月4日
上映時間 115分
ジャンル SFファンタジー
監督 スティーブン・スピルバーグ
脚本 メリッサ・マシスン
製作 スティーブン・スピルバーグ
製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ
製作国 アメリカ合衆国
配給 ユニバーサル映画、CIC

E.T.丨主な登場人物(キャスト)

出典:IMDb

 

エリオット(ヘンリー・トーマス)
主人公。E.T.に出会った少年。E.T.をかくまい、だんだんと心を通わせていく。

E.T.(声:パット・ウェルシュ)
宇宙人。宇宙船に乗って地球にやってきたが、人間たちの追跡から逃げた際に1人だけ地球に取り残されてしまった。

マイケル(ロバート・マクノートン)
エリオットの兄。初めは小さいエリオットを小馬鹿にしていた。エリオットに協力して、E.T.が星に帰るための手伝いをする。

ガーティ(ドリュー・バリモア)
エリオットの妹。E.T.が星に帰るための手伝いをする。

 

E.T.丨ネタバレあらすじ(ストーリー解説)

出典:シネマカフェ

『E.T.』のあらすじ(ストーリー)を結末まで分かりやすく解説しています。一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

E.T.丨あらすじ 【起】

アメリカのとある森の奥に、大きな宇宙船が1台降り立ちました。

宇宙船からでてきた数人の宇宙人たちは、植物の採集を始めます。彼らは、地球の植物をサンプルとして持ち帰り、研究することでした。

大きな宇宙船は人の目にとまってしまい、人間たちが確認のために車で森に近づいてくるのがわかりました。

宇宙人たちは慌てて離陸し地球から逃げましたが、なんと一人の宇宙人だけが、そのまま地球に取り残されてしまったのです。

取り残された宇宙人は、叫びながらその場を逃げ出しました。

その頃、森の近くにある家では子ども達が遊んでいましたが、エリオットはつまらなそうにしていました。兄のマイケルやその仲間たちは、エリオットがまだ小さいというのを理由に遊びに混ぜてくれなかったからです。

兄たちが注文したピザを受け取るために家の外にでたエリオットは、物置小屋から音がしたことに気が付きました。

怖くなり、皆を呼び寄せて中を確認しましたが、誰もおらず、ただ何かの足音が残っていただけでした。

 

E.T.丨あらすじ 【承】

その日の深夜、エリオットは隣にあるトウモロコシ畑に物音を感じました。エリオットがトウモロコシ畑に近づくと、なんとそこには宇宙人がいたのです!

翌日、家族に宇宙人を見たことを話しますが、誰も信じてくれませんでした。

エリオットは夜中に、また宇宙人が現れるのではないかと見張っていました。

ついに現れた宇宙人に、エリオットはチョコレートで誘って、部屋のクローゼットに宇宙人を連れて行きました。

エリオットは翌日仮病で学校を休み、宇宙人と交流を試みます。エリオットと宇宙人は打ち解け、学校から帰ってきたマイケルとガーティに彼を紹介しました。

宇宙人は念力でボールを持ち上げ、自分は遠い宇宙からやってきたということを伝えてくれたのでした。

 

E.T.丨あらすじ 【転】

エリオットは宇宙人の話を他の友達には信じてもらえません。ですが、とある友達が地球外生命体のことをエキストラ・テレストリアルと呼ぶのを知り、宇宙人のことをE.T.と呼ぶことに決めました。

E.T.とエリオットは心が通い合うようになりました。一緒にテレビやアニメを見たり、そして時にはガーティ達にも教えてもらいながら、E.T.は英語を覚えていきます。

そんな中で、新聞のSF漫画の1シーンを見たE.T.は、自分の星に電話をしたいと言いました。

E.T.の気持ちをくみ、エリオットとマイケルは傘などの様々なガラクタを集めてきて、E.T.はついに通信機を作り上げたのでした。

ハロウィンの日に、E.T.はエリオットとマイケルと森に出かけました。そこから通信機を使って故郷に連絡を取ろうとしたのです。

しかし、E.T.は突然倒れてしまいました。地球の環境が適していなかったのです。E.T.を家に運んだ後、エリオットも寝込んでしまいました。

それまで、家にE.T.がいたことに気づいていなかった母メアリーは大変驚きましたが、二人を看病してくれました。

 

E.T.丨あらすじ 【結末・ラスト(ネタバレ)】

しかしその時、家にNASAの科学者たちが押しかけてきました。科学者たちは、宇宙船が現れた時から、宇宙人の存在を調べていたのです。

E.T.を連れて行こうとする科学者たちに対して抵抗しますが、彼らの前で、弱っていたE.T.は死んでしまいました。

器官が動いていないことから、科学者たちもE.T.は死亡したと判断しました。

悲しむエリオットでしたが、その時、E.T.の胸のランプが急に赤く光り始めます。E.T.はまだ生きていたのです!

エリオットは、マイケルとガーティ、そして友人たちの力を借りて、E.T.を連れ出して森へと向かいました。森には通信機が置いてあります。

どちらにしてもこのまま地球にいてはE.T.は死んでしまいます。宇宙に帰してあげようと決意しました。

追われるエリオット達でしたが、追い詰められる寸前に、E.T.は不思議な力で自転車ごと子どもたちを浮かせました。

空を自転車でかけ、森へと向かう子どもたち。やがて森にたどり着いたとき、E.T.の前に宇宙船が現れました。

エリオット達とE.T.は別れを告げました。E.T.は最後にエリオットに一言、「友達」と言います。

宇宙船はE.T.を乗せて飛び立ちました。最後には綺麗な虹がかかっていました。

 

E.T.|見どころを紹介!

出典:シネマカフェ

星・種族を超えた友情

人間とは全く異なる姿をしたE.T.。生まれた星も、見た目も言葉も違っても、子ども達とエリオット達が笑顔で心を通わせていく姿にとても心温まりました。

素直な子ども達の心に感動し、E.T.との最後の別れに思わず涙した方も沢山いるのではないでしょうか?

子どものときに観ても、大人になってから観ても、きっとその時々で違う感動をくれる名作だと思いました!

 

E.T.との出会いを通して深まった絆

この物語はE.T.と子ども達だけの交流だけではありません。

エリオットは、映画の初めではマイケル達に一緒に遊んでもらえず、あまり仲が良いとはいえない関係でした。ですがE.T.との出会いを通して、E.T.を宇宙に帰してあげたいという思いを共有し、一緒に過ごしていく中で、どんどんマイケル達との絆も深まっていったように感じます。

特に、子ども達がE.T.のために自転車を走らせるシーンはこの映画の象徴的なシーンですが、その時エリオットは先頭を走って子ども達を率いています。前半部分の子ども達の姿とは対照的で、ぐっとくる感動のシーンですね。

 

素晴らしい劇中の音楽

映画を観たことがなくても、曲を聴いたことがあるという方もいらっしゃると思います!

映画を盛り上げる壮大なE.T.のテーマ音楽は圧巻。「曲を聴けばE.T.だとわかる」「映画のシーンがすぐに思い浮かぶ」といった感想も多くありました!

今でも、交響楽団の演奏会などでE.T.のテーマはよく演奏されているようです。

子どもから大人まで、世代を超えて愛される映画だからこそ、曲も広く愛されているのだといえるかもしれませんね。

 

E.T.|ネタバレ結末をあらすじと共に紹介!見どころも!のまとめ

映画 「E.T.」 劇場予告
ここまで、映画『E.T.』のあらすじネタバレと見どころを紹介してきました!
 
 
いくつになっても色あせないスティーブン・スピルバーグ監督のこの作品は、きっとまたもう一度観たくなるような、元気になれる映画だと感じました。
 
一度ご覧になった方も、まだ観たことが無い方も、是非参考にしてくださいね。
 
 
以上、E.T.|ネタバレ結末をあらすじと共に紹介!見どころも!についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] 関連記事まとめ https://sabostudio.jp/archives/10095sabostudio.jp E.T.丨ネタバレ結末をあらすじと共に紹介!見どころも!…sabostudio.jp […]

  2. […] E.T.丨ネタバレ結末をあらすじと共に紹介!見どころも!…sabostudio.jp 映画 「E.T.」 […]

  3. […] E.T.丨ネタバレ結末をあらすじと共に紹介!見どころも!…sabostudio.jp 映画 「E.T.」 […]

タイトルとURLをコピーしました