刑事ジョンブック 目撃者(映画)ネタバレあらすじラスト結末は?

この記事は約6分で読めます。

出典:IMDb

 

1985年アメリカ映画。殺人現場を目撃してしまったアーミッシュの村に住む少年とその母を保護するために奮闘する刑事を描いたサスペンス映画。

 

作品中に出てくるアーミッシュの人々ってどんな生活をしているの?殺人犯を目撃してしまった少年とその母は無事に助かることはできるの?ハリソン・フォード演じるジョン・ブックの活躍は?

とても気になるところです。

 

そんな映画『刑事ジョンブック 目撃者』のネタバレあらすじについて紹介していきたいと思います。

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

 

刑事ジョンブックのネタバレあらすじは?

出典:IMDb

刑事ジョンブックの作品情報は?

制作年 1985年
上映時間 113分
原題 Witness
監督 ピーター・ウィアー
原案・脚本 ウィリアム・ケリー、アール・W・ウォレス
キャスト ジョン・ブック(ハリソン・フォード)
レイチェル・ラップ(ケリー・マクギリス)
サミュエル・ラップ(ルーカス・ハース)
ポール・シェイファー(ジョセフ・ソマー)
ジェームス・マクフィー(ダニー・グローヴァー)

 

アーミッシュの村で暮らしていたレイチェルは未亡人となり、幼い息子のサミュエルとボルティモアにいる姉のもとを訪ねることになります。ボルティモアに向かう途中、乗り継ぎのフィラデルフィア駅でトイレに入ったサミュエルは、ある男が2人組の男たちにナイフで切られ殺されるのをトイレの個室から覗いてしまいます。ナイフで襲った2人組のうち1人は、黒人の男性で顔をはっきりと確認しました。実は殺された男性は警察官だったのです。担当刑事だったジョンは犯人を目撃したサミュエルを手伝わせるために強引に母子を同行させ、サミュエルに容疑者の確認をさせます。容疑者たちの中には犯人と確認できる人物はいませんでしたが、サミュエルは、警察署でふと目にした掲示板の新聞記事に犯人を見つけます。その記事に掲載されていた人物は、麻薬課のマクフィー刑事だったのです。

ジョンはシェイファー本部長の自宅を訪れます。そこで本部長にマクフィー刑事が押収した2200万ドル分の麻薬を横領していることを伝えます。本部長に報告した直後、ジョンは駐車場でマクフィー刑事に襲われ、おなかを撃たれてしまいます。本部長も麻薬横領の仲間だったことに気づきます。ジョンはレイチェルとサミュエルを連れて車でレイチェルの村に向かいます。村に着いた時に撃たれた傷が悪化して気を失ってしまいます。一時、意識を取り戻したジョンは、サミュエルが危険になるから病院や警察に伝えてはいけないとレイチェルに告げます。ジョンは、レイチェルの手厚い看病もあり、病院に行かず回復しました。その頃、本部長は必死にジョンたちの行方を追っていましたが、アーミッシュの村は閉鎖的で電話がなかったため、なかなか行方をつかめずにいました。ストラスバーグの街でジョンは相棒のカーター刑事に連絡をとりますが、本部長が動いているので、しばらく身を隠すようにとジョンに伝えます。

体が回復したジョンはアーミッシュの服装に着替え、乳搾りなどの仕事を手伝うようになります。村人たちは外から来たジョンのことを警戒していました。特にレイチェルのことが好きだったダニエルはジョンを良く思っていませんでした。

レイチェルにとってジョンは無礼で乱暴な「イギリス人」でしたが、一緒に生活を送るうちにだんだん心が惹かれあうようになります。ある晩、車の修理中にラジオから流れる曲に合わせ2人でダンスをしてしまい、その場面を義父であるイーライに見つかり、レイチェルは強く注意されます。

ある日、ジョンは新婚夫婦のために納屋を建てる作業を村の人々と手伝います。村の人と協力して作業をするうちに、ジョンは村人たちと仲間意識が芽生えてきます。しかし、ジョンとレイチェルは、住む世界は違いすぎるのです。

刑事ジョンブックのネタバレラスト結末は?

出典:IMDb

 

ジョンは、カーターに連絡をとろうと街で電話をかけますが、カーターが前の晩に亡くなったことを知ります。それは、本部長の仕業だと考えます。ジョンは、街で観光客から嫌がらせを受けているのを見て、気持ちを抑え切れず、男を殴ってしまいます。

暴力を振るわないのが掟のアーミッシュが殴ったことで街の警官の耳に入り、そこから本部長に報告されてジョンの居場所が突き止められてしまいます。ジョンは村を出る決心をしますが、先に本部長、マクフィー、ファギーの3人が村にやって来ます。

ジョンは、ファギー、マクフィーを倒しますが、本部長はレイチェルを人質にしてジョンに銃を捨てさせます。そのとき、サミュエルが鐘を鳴らし、それを聞いた村人たちが駆けつけてきます。その光景を目にした本部長は、観念し、武器を捨て、逮捕されました。

事件は解決し、ジョンはレイチェルへの想いを断ち切り、自分の暮らす街へと戻っていきます。その後ろ姿にイーライが「(アーミッシュ以外の)外の世界の人たちには気をつけろよ」と声をかけます。それは、イーライはジョンを仲間として認めた証拠だったのです。

まとめ

殺人現場を目撃してしまったアーミッシュの村に住む少年とその母を守りながらアーミッシュの村で過ごすことでそこに住む人々と心通わしていくが、住む世界が違うことを痛感します。そこに殺人犯が殺害現場を目撃した少年とその少年を守っている刑事ジョンを殺しにアーミッシュの村までやってきます。犯人たちの攻撃をかわしながらも反撃するジョン。最後は村人たちがかけつけてきて、それをみた犯人は降参します。そして事件は無事に解決し、ジョンは、自分の場所へと去っていきます。その後ろ姿にイーライが「(アーミッシュ以外の)外の世界の人たちには気をつけろよ」と声をかけます。それは、イーライはジョンを仲間として認めた証拠だったのです。

 

このイーライが声をかけた言葉「(アーミッシュ以外の)外の世界の人たちには気をつけろよ」ですが、作品中では、「イギリス人には気をつけろよ」と訳されておりました。それは、アーミッシュの人達が自分たち以外の人たちのことを「English(イングリッシュ)」と呼んでいたため、「English」をそのまま訳してしまい、「イギリス人には気をつけろよ」と訳になってしまったようです。少し残念な気がします。

 

殺人を目撃してしまった少年の母とジョンが、アーミッシュでの生活をとおして心を通わせるシーンは、とても切なくなります

 

 

以上、「刑事ジョンブック 目撃者(映画)ネタバレあらすじラスト結末は?」についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました