山猫は眠らない5|映画のネタバレあらすじ結末は?ベケット父がとった行動とは?

山猫は眠らない5 反逆の銃痕(字幕版) – Trailer

2014年に製作されたアメリカ合衆国の映画です。

監督は『奪還 DAKKN, -アルカトラズ-』で有名なドン・マイケル・ポール、主演は『山猫は眠らない』シリーズで有名なチャド・マイケル・コリンズが務めます。

『山猫は眠らない5 反逆の銃痕』は『山猫は眠らない』シリーズの5作目で、前作から続き主人公を息子に変えての第2弾です。

第8作まである人気シリーズですが、『山猫は眠らない5』の最後がどうなるのか気になりますよね?

 

この記事では、『山猫は眠らない5』のネタバレ、あらすじ、結末、ベケット父がどんな行動を取ったのかを解説していこうと思います。

山猫は眠らない5のあらすじは?

軍の指導者が暗殺された後、ブランドン・ベケット(チャド・マイケル・コリンズ)は、彼の父、トーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)が暗殺されたという知らせを受け取ります。デビッド・シンプソン(追跡しようとすると、ダグ・アレン)、暗殺者、背教者の第75レンジャー連隊の狙撃兵、ブランドンは、彼の父が死んでいないことを知り、彼が餌として使用されていることを実現しています。

ラスト結末は?ベケット父がとった行動とは?

本項では、映画『山猫は眠らない5』のラスト結末とベケット父が取った行動について詳しく解説していきます!

 

結論から言うと、ラストは

 

危機に陥るブランドンを父トーマスが助け、シンプソンを射殺する

 

という展開です。

 

ブランドンはシンプソンを見つけ、戦うもシンプソンに殴られて気絶してしまいます。

そんなところをトーマスに助けられてビッドウェル、サナーと落ち合います。

集めた情報で、一連の事件はシンプソン1人の犯行であること、そして次の標的が大佐であることに気づきます。

パーティーを開いていた大佐をブランドンたちは丘に潜んで見張ることにしました。

今回も遠隔操作型の銃を使うと予想したブランドンたちでしたが、予想は外れ自らライフルを持ったシンプソンに大佐は狙撃されてしまいます。

逃げるシンプソンの後をブランドンたちが追います。

シンプソンは追いついたブランドンを遠隔操作のライフルを使って襲い、銃口を向けます。

絶体絶命のピンチに陥ったところを、父トーマスがシンプソンを射殺し、ブランドンを助けました。

 

山猫は眠らない5のネタバレあらすじ結末は?ベケット父がとった行動とは?のまとめ

山猫は眠らない5 反逆の銃痕(字幕版) – Trailer

ここまで、映画『山猫は眠らない5』のネタバレ、あらすじ、結末について解説してきました。

 

結末は、シンプソンに命を狙われたブランドンが駆けつけた父トーマスに助けられ、トーマスがシンプソンを射殺した、ということでした!

 

危機に陥りそうになった丁度良いタイミングで助けに来てくれるトーマスがとてもかっこいいです。親子愛ですね。

 

今回も銃撃戦が激しく、スリルある展開でした。

気になった方は是非見てみてください!

 

以上、山猫は眠らない5のネタバレあらすじ結末は?ベケット父がとった行動とは?についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

  1. […] 山猫は眠らない5|映画のネタバレあらすじ結末は?ベケット父がとった行… […]

  2. […] 山猫は眠らない5|映画のネタバレあらすじ結末は?ベケット父がとった行… […]

タイトルとURLをコピーしました