映画コピーキャットの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?

この記事は約7分で読めます。

1995年制作されたアメリカ合衆国のサスペンス・ホラー映画です。

『コピーキャット』という名の通り模倣犯を題材にした作品です。


出典:IMDb

 

監督は「ジャック・サマースビー」のジョン・アミエル

主演は「死と処女」の̪シガニー・ウィーヴァーと「ピアノ・レッスン」ではアカデミー賞主演女優賞を受賞したホリー・ハンターが務めます。

 

映画は劇中に流れる曲も重要な役割を担っています。

あの緊張感のあるシーンはどのような曲によって演出されているのか気になりますよね。

 

ここでは、そんな『コピーキャット』の中で使われている曲や作曲家、ちょっとした小ネタなどを紹介していきます。

・作曲家クリストファー・ヤングはジャズドラマーだった?
・劇中の一曲はあのジョン・レノンが関係している?
・実は、曲を有効的に使った演出をしている?

映画コピーキャットの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌、エンディング)は?


出典:IMDb

ここでは、曲紹介をしていきます。

 

Carabu Party
作詞または作曲・演奏:Steven Ray/スティーブン・レイ
Vissi D’Arte from “Tosca”/オペラ「トスカ」~歌に生き,恋に生き
作詞または作曲:Giacomo Puccini/ジャコモ・プッチーニ
演奏:Mirella Freni/ミレッラ・フレーニ
Sexy Ways
作詞または作曲:Willie Hutch, Val Johns/ウィリー・ハッチ、ヴァルジャン
演奏:The Four Tops/フォー・トップス
Get Up to This
作詞または作曲:Derrick Xavier Gumbus (as Derric Gumbus) and Loren Chaney
演奏:New World Beat
Somebody to Love
作詞または作曲:Darby Slick
演奏:The Great Society
I Think I Love You
作詞または作曲:Tony Romeo/トニー・ロメオ
演奏:The Partridge Family
Largo Al Factotum from “Il Barbiere Di Siviglia”
作詞または作曲:Gioachino Rossini
演奏:Ettore Bastianini, Maggio Musicale Fiorentino Orchestra (as Orchestra del Maggio Musicale Fiorentino), and Alberto Erede
Murder by Numbers
作詞または作曲:Sting, Andy Summers/スティング、アンディ・サマーズ
演奏:The Police/ザ・ポリス
Fame (’90 Remix)
作詞または作曲:Carlos Alomar, David Bowie and John Lennon/カルロス・アロマー、デヴィッド・ボウイ、ジョン・レノン
演奏:David Bowie/デヴィッド・ボウイ
In Paradisum
作詞または作曲:Gabriel Fauré
演奏:Corydon Singers and the English Chamber Orchestra
Matthew Best, Conductor
Techno Boy
作詞または作曲:Silkski (as Jerome Evans)
演奏:Silkski
 
たくさんの曲が使われていることがわかります。
 
では、次に作曲家クリストファー・ヤングについて詳しく解説していきます。

映画コピーキャットのクリストファー・ヤングとは?


出典:IMDb

 

名前:Christopher Young/クリストファー・ヤング
生年月日:1957年4月28日(年齢:63歳)
生まれ:アメリカ合衆国ニュージャージー州
職業:作曲家・編曲家
 
マサチューセッツ州のハンプシャー・カレッジを卒業後、北テキサス大学大学院に入学し音楽を学ぶ。
卒業後はロサンゼルスに移りジャズドラマーとして優れた才能を見せていたが、バーナード・ハーマンの作品に出会ったことで映画音楽の道に進み作曲家になることを決意する。
80年代に音楽業界に入り、「ヘルライザー」「フライ2」などホラー映画の音楽を担当。
主な作品に「告発」「コピーキャット」「エントラップメント」「ワンダーボーイズ」などがある。
デンゼル・ワシントン主演の「ハリケーン」の音楽を担当した際にも話題となった。
 

クリストファー・ヤングのTwitterでの評判は?

ではここでクリストファー・ヤングのTwitterでの評判を見ていきましょう。

映画の空間に迷い込める!

映画の冒頭から惹きつけられるとはさすがクリストファー・ヤングです。

やはり、最初の掴みは大事ですね。

必聴!「クリーピーなサウンド」

「さらにクリーピーなサウンド」がどのようなものか気になります。

是非聴いてみたいですね。

映画を見事に表現する一曲

名作には印象的な音楽が付きものですよね。

音源だけで感じるホラー

聴くだけでホラーの世界に誘うというクリストファー・ヤングの音楽はやはり魅力的です。

 

では、次に曲の小ネタについて解説していきます。

映画コピーキャットの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌、エンディング)小ネタは?


出典:IMDb

 

Fame (’90 Remix)とFameの関係性は?

『コピーキャット』の曲中に出てくる「Fame (’90 Remix)」は1990年に「Fame」のリミックスバージョンとしてリリースされたものです。

Fameという曲名はジョン・レノンの息から?

1975年にイギリスのロックミュージシャンであるデヴィッド・ボウイが発表した楽曲です。

デヴィッド・ボウイ、カルロス・アロマー、ジョン・レノンの共作でスタジオアルバム「ヤング・アメリカンズ」の収録曲としてリリースされ、後にシングルカットされました。

この曲はカルロス・アロマーがThe Flaresというグループの「Foot Stompin’」を参考に作ったリフを原型にボウイとアロマーが曲の断片を別の形に再構築したものです。

その後、ジョン・レノンがアコースティックギターのトラックを録音し、この録音でジョン・レノンが大きく息を立てていたのを聞いたボウイが「fameと言っているように聞こえる。」と主張します。それが元となり歌詞が完成しました。

洒落た演出

映画『コピーキャット』の中で犯人が殺人現場に残したメモが出てくるのですが、そのメモにはザ・ポリスの曲「MURDER BY NUMBERS」から引用された歌詞が書かれています。

そのことからモンハン刑事はこの曲を会議室で実際に流し、犯人のメッセージを読み取ろうとします。

そして、エンドロールにもこのザ・ポリスの曲が使われています。

この映画を締めくくるのにぴったりな最高の演出です。洒落ていますね。

 

映画コピーキャットの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌、エンディング)は?のまとめ

こうして見てみるとクリストファー・ヤングがジャズドラマーをしていたことだったり、バーナード・ハーマンに影響を受けていたり意外なことが多いと感じました。

ちょっとしたエピソードも調べてみると、より曲への理解が深まり面白いですよね。

このように曲とともに映画を見るのもいいのではないでしょうか。

 

以上、映画『コピーキャット』の曲について紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました