ホワイトアウト|映画のネタバレ!織田裕二主演のあらすじラスト結末は!?

ホワイトアウト(2000) 予告編

映画「ホワイトアウト」は、2000年に公開された、織田裕二さん主演の映画です。

原作は真保裕一さんの小説で、日本最大のダムを舞台に起こるテロと、その中で一人の青年が犯罪組織に立ち向かっていく様子を描いたサスペンスストーリーです。

 

この記事では、映画「ホワイトアウト」のあらすじを、最初から結末までご紹介していきたいと思います。

 

映画ホワイトアウトのあらすじは?

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

 

ここからは、映画「ホワイトアウト」のあらすじを起承転結の順に追いながらご紹介していきます。

舞台となっている新潟県の奥遠和ダムは、日本最大の貯水量を誇るという設定の架空のダムです。

辺り一面、雪に覆われた12月。日本最大の貯水量を誇る新潟県奥遠和ダムの作業員・富樫は、同僚の親友・吉岡と共に向かった遭難者の救出の途中、吹雪と霧で作り出された視界0の世界「ホワイトアウト」に遭遇し、結果、吉岡を死なせてしまう。それから2ヵ月後。奥遠和ダムで吉岡の婚約者・千晶の訪問を待っていた富樫は、突然、ダムを襲ってきたテロリスト・グループによるダム・ジャック事件に巻き込まれる。ダムの爆破をネタに政府に50億円の要求を突きつけるテロリストたち。辛うじて最初の難を逃れた富樫は、仲間と下流に住む住民を守るため単身、テロリストに闘いを挑む。

引用:TSUTAYA

映画ホワイトアウトのラスト結末は?

小柴は宇津木を追い詰めますが、スノーモービルで吹きあげられた雪しぶきで視界を奪われた中、宇津木に銃撃されてしまいます。小柴は復讐を果たせずに無念の死を遂げました。

そこにいた千晶も撃たれ怪我を負ってしまいましたが、後から来た富樫がそこに現れ、寸でのところで命は助かります。富樫は千晶をそこに残し、「必ず戻ってくる」と誓い、宇津木を追います。

 

その後宇津木に追いついた富樫が、スノーモービルを爆破して人工的に発生させた雪崩でヘリを墜落させ、2人はそこで格闘を繰り広げます。

宇津木は富樫の腹部を銃撃、急所は外れますが富樫は絶体絶命のピンチに追いやられてしまうのです。しかしそこへ、墜落したヘリのメインローターが倒れてきます。

一瞬のことに気を取られた宇津木の隙をついて富樫が形勢逆転。宇津木は墜落したヘリのテールローターに頭をえぐられ、とうとう死亡。

ダム内部に仕掛けられた爆弾の起爆スイッチを切ることにも成功。
ダム周辺の住民の無事も、これでようやく守られたのでした。

 

 

そして富樫は最後の力を振り絞ります。何の因縁か天候の状況は最悪、吉岡を亡くした時と同じようにホワイトアウト現象が起きている中、傷を負い気を失っている千晶を迎えに戻るのです…

 

 

翌日、天候も回復し、警察が現場で人質の救出作業に当たっているその時。

傷を負った千晶を抱きかかえて、富樫は戻ってきたのです。

吉岡の時と同じ悲劇を絶対に繰り返さない、富樫はその一心で、ホワイトアウトの魔の手から千晶を見事救い出し、無事に帰ってきたのでした。

映画ホワイトアウトのネタバレ!織田裕二主演のあらすじラスト結末は!?まとめ

以上、ここまでで映画「ホワイトアウト」のあらすじ・結末までご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

 

字面だけ追っていてもハラハラしてしまうようなストーリー。ご紹介したあらすじの中で追いきれなかった細部でも、様々な登場人物が動いています。

原作には登場しなかったキャラクターが数多くいたり、小説だけ読んだことがある方もきっとその違いを楽しめるのではないでしょうか。

ぜひ、まだご覧になっていない方はチェックしてみてください!

 

 

以上、映画ホワイトアウトのネタバレ!織田裕二主演のあらすじラスト結末は!?についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました