プラダを着た悪魔|映画のセリフ名言を英語と日本語訳で紹介!名シーンも!

プラダを着た悪魔
出典:IMDb
この記事は約7分で読めます。

 

 映画「プラダを着た悪魔」は、主演:アン・ハサウェイ、監督:デヴィッド・フランケルの2006年のアメリカ映画です。

 

 主人公のアンドレア・サックス(アン・ハサウェイ)は、ノースウェスタン大学を卒業後、ジャーナリストとなるためニューヨークにやってきました。そしてとある出版社に応募します。ところが彼女はなぜか一流ファッション誌RANWAY(ランウェイ)の編集者に面接されることに。カリスマ編集長のミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)は、野暮ったい服装のアレンドリアを面接で一度落としますが、アンドレアがファッション業界を夢見ての応募ではない、また名門大の出身である彼女のことに興味を持ち、アシスタントとして使ってみたいと採用しました。

 一流ファッション業界にに全く興味がなく、ジャーナリストになることを夢見ていたアンドレアが、ファッション界のトップに君臨するRUNWAY(ランウェイ)で新人アシスタントとして働くことに。きらびやかな世界の中で鬼編集長ミランダのもと、無理難題を突き付けられ叱られ揉まれながら、仕事に、恋に、友情に葛藤しながらも少しずつ成長して、大人の素敵な女性へと変身していくストーリー。

 そこには仕事をしている女性達に届けたいメッセージがたくさん詰まっています。きっと明日からの仕事にエネルギーを与えてくれます。

 

映画「プラダを着た悪魔」は何回も観たくなる内容です。簡単なあらすじと、劇中のセリフ名言のワンフレーズ英語を探してみました。また登場人物とともに名シーンをご紹介します。

 

プラダを着た悪魔 (The Devil Wears Prada)

映画「プラダを着た悪魔」セリフ名言(英語、日本語)

 映画「プラダを着た悪魔」の劇中にはいろいろな名言があって心に響きますよね。そんなセリフ名言を、覚えやすいワンフレーズ英語で集めてみました。日本語訳付きです。あなたのお気に入りのフレーズはありますか?

「I’ll guard it with my life.」

日本語訳:「命がけで守ります。」

(アンドレアが未発表のデザイン画を預かったときの一言。)

 仕事は信頼関係が大事ですよね!関わった人の気持ちが汲み取れるようになった時、本当の仕事が出来るのかもしれません。

 

「You deserve it.」

日本語訳:「努力が報われたね。

(アンドレアの同僚のナイジェルの昇進が決まった時にアンドレアが言ったセリフ)

 同僚だからこそ分かりある苦労が報われた時に言ってあげたい、言われたい一言です。どんなに仕事が辛かったとしても一気に忘れられるくらいの一言です。

 

「You can see beyond what people want and what they need…and you can choose for  yourself.」

日本語訳:人が何を必要としているかを超えてあなたは自分のために判断できる。

(アンドレアの鬼上司であるミランダが!アンドレアの仕事ぶりを認めて言ったセリフ)

 あの鬼上司ミランダのこの一言・・・ちょっと驚いて止まるかも!でも本気の一言だから嬉しくて泣きそうです。

 

「The decision is yours.」 

日本語訳:決めるのはあなたよ

(アンドレアの鬼上司ミランダが、迷っているアンドレアに言ったセリフ)

 大きな仕事ほど判断を迷うことはあると思います。自分の仕事に覚悟と責任を持てるかどうかを問われている一言。シンプルなだけに心に刺さります!

 仕事で落ち込んだ時、辛い時にきっと勇気をくれる、元気になれるフレーズばかりですね。

 

映画「プラダを着た悪魔」登場人物とともに名シーンをご紹介!

出典:IMDb

 

映画「プラダを着た悪魔」には一流ファッション誌RANWAY(ランウェイ)で働いているだけあって、個性的な人物が登場します。

 まず始めにこの映画の主人公アンドレア。

 夢であるジャーナリストではなく、一流ファッション誌RANWAY(ランウェイ)編集長ミランダのアシスタントとして働くことになった彼女。プライベートを犠牲にして雑用のような、しかも無理難題ばかりの仕事。ミランダの要求は求められる以上にこなせなければなりません。観ている側もアンドレアの気持ちに感情移入してストレスは溜まりまくりです。しかし彼女は頑張ります。ぜひアンドレアを応援しながら観てください。

 アンドレアの面接のシーンで登場するのが、 一流ファッション誌RANWAY(ランウェイ)編集長ミランダの秘書、エミリー(エミリー・ブラント)。

 アンドレアの先輩で初めはアンドレアを認めていませんでした。しかし懸命なアンドレアと一緒に困難を乗り越えていくうちに二人には絆が生まれていきます。

 次に紹介したい人物はアンドレアが成長していく上で欠かせない存在です。一流ファッション誌RANWAY(ランウェイ)編集長ミランダの右腕でもあるナイジェル(スタンリー・トゥッチ)。

 一見彼の発音は皮肉に聞こえますが、仕事に対する姿勢や価値観などナイジェルのセリフには心に響く名言がたくさんあります。

 そして映画のタイトル通り、 一流ファッション誌RANWAY(ランウェイ)編集長のミランダ。

ミランダはアンドレアに数々の無理難題を要求してきます。鬼編集長で怖いとしか思えないミランダですが、映画を観ているうちにミランダの仕事に対する哲学と信念が見えてきます。

 

 

出典:YAHOO!映画

 

こちらのシーンは華やかでうっとりします。3人のかっこ良さが爽快です!

 映画「プラダを着た悪魔」ではこのような登場人物、また他の登場人物にもそれぞれに魅力があります。仕事、恋、友情・・・自分が感情移入してしまうキャラクターは人それぞれ。この映画の感想も人それぞれ違っておもしろいです。

 また、あなたのお気に入りのフレーズを見つければ仕事で落ち込んだ時、辛い時にきっと勇気づけて元気をくれる映画です。

 

映画「プラダを着た悪魔」まとめ

プラダを着た悪魔 (吹替版)

 映画「プラダを着た悪魔」、まだ観ていない方はぜひご覧ください!観たことがある方ももう一度観て、あなたのお気に入りのワンフレーズ英語を探してみてください!

 

・I’ll guard it with my life.  命がけで守ります

・You deserve it. 努力が報われたね

・You can see beyond what people want and what they need…and you can choose for  yourself. 人が何を必要としているかを超えてあなたは自分のために判断できる

・The decision is yours. 決めるのはあなたよ

 

今回はこのようなワンフレーズ英語、また登場人物とともに名シーンをご紹介しました!

 映画「プラダを着た悪魔」は何回も観たくなる内容です。まだ観ていない方はぜひご覧ください。以前観られたことがある方も自分の環境がその時と違っていたら、観ることでその時と違う感じ方をするかもしれません。

 あなたは今の仕事にちゃんと向き合えていますか?それを考えさせられる映画です!自分で自分を幸せにしてあげてください。

 

 以上、映画「プラダを着た悪魔」セリフ名言を英語と日本語訳で紹介!名シーンも!についてご紹介しました!

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました