プラダを着た悪魔|映画の結末は?あらすじネタバレと感想評価を紹介!

出典元:YouTube予告映像
この記事は約12分で読めます。

 

何百万もの女性が憧れるファッション雑誌「ランウェイ」の編集長・ミランダのアシスタントを務めることになったアンディは、入社するまでファッションに興味も知識も乏しかったジャーナリスト志望の女性でした。

アンディがどんな素敵な女性に生まれ変わっていくのか、ミランダとアンディはどんな仕事をこなしていくのかを描いたコメディ映画「プラダを着た悪魔」。

 

今回は、ファッション初心者のアンディが、カリスマ編集長のミランダの厳しい仕事に耐えて励んでいく「プラダを着た悪魔」の、ネタバレを含んだあらすじ・結末・感想・評価をご紹介していきましょう。

 

 
この記事で分かること

・ファッションに疎いアンディは、思わずミランダに失礼なことを言って、今まで以上に無理難題な要求を押し付けられる

・仕事での成功とは引き換えに、大事な恋人と友人を失う危機が訪れる

・アンディとミランダは似た者同士だが、違う道を歩んでいく

 

「プラダを着た悪魔」 好評発売中

プラダを着た悪魔|作品紹介

出典元:映画.com

作品名プラダを着た悪魔
ジャンルコメディ
公開日2006年11月18日(日本)
脚本アライアン・ブロッシュ・マッケンナ
監督デビッド・フランケル
製作ウェンディ・フィネルマン
キャスト

アン・ハサウェイ

メリル・ストリープ

エミリー・ブラント

スタンリー・トゥッチ

エイドリアン・グレニアー

サイモン・ベイカー

トレイシー・トムズ

リッチ・ソマー

プラダを着た悪魔|あらすじネタバレ結末は?

出典元:ヤフー映画

プラダを着た悪魔|あらすじ【起】

出典元:YouTube予告映像

ジャーナリスト志望でファッションには興味ないアンドレア・サックス/アンディ(アン・ハサウェイ)は、面接を受けた「イライアス・クラーク社」の「ランウェイ」というファッション雑誌を編集する部署が、全世界の女性が憧れる雑誌を作る場所だとは知りません。

運よく入社できたことにも驚いたが、何よりアンディが驚いたのは、アシスタントに身の回りの世話や家族への対応を任せるカリスマ編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)からの無理難題な要求が悪魔のようだったことでした。

アンディはミランダや先輩アシスタントのエミリー・チャールトン(エミリー・ブラント)、アート部のナイジェル(スタンリー・トゥッチ)から「服がダサい」と嘲笑されたり、ファッションの知識を怒られながら教わったりして、一生懸命ファッション雑誌編集長のアシスタントとしての仕事をこなしていきます。

朝昼晩、休日も関係なくひっきりなしにかかってくるミランダとエミリーからの電話、それにヘトヘトになりながらも対応し、アンディは1年耐えれば夢のジャーナリストになれると信じて働き続けました。

 

プラダを着た悪魔|あらすじ【承】

出典元:YouTube予告映像

そんなある日、アンディは父親と過ごしていた休日に、ミランダから「ハリケーンのせいで出張先から帰れない、何とかして娘の演奏会までに帰らせて」とこれまた無理難題な要求を言われてしまうのです。

何とかヘリを手配してミランダは帰れたものの、娘の演奏会に出席できなかったことを責めるミランダに、「せっかくモデル体型の子や”ランウェイ”信奉者ではない、真面目な人材のアンディを採用して何か変わると思っていたのに、失望した」と言われてしまい、これに怒ったアンディはすっかり仲良くなったナイジェルについ愚痴を言います。

すると、ナイジェルは「アンディは何も努力していない、愚痴を言っているだけ」と冷たく言い放ち、有名デザイナーたちが手掛けた作品を載せる”ランウェイ”は、誰もが入れる場所ではないことを教えるのです。

これを聞いたアンディは気持ちを入れ替え、ナイジェルや美容部の社員からファッションを教わり、みるみるうちに仕事もテキパキこなすオシャレな大人の女性へと生まれ変わっていきました。

長年の友人・リリー(トレイシー・トムズ)やダグ(リッチ・ソマー)、同棲する恋人のネイト(エイドリアン・グレニアー)にその変わり様を褒められたものの、ミランダの鬼上司っぷりをからかわれ、仕事やファッションの楽しさに気づいたアンディはつい怒ってしまうのです。

 

プラダを着た悪魔|あらすじ【転】

出典元:ヤフー映画

そんなアンディはミランダに代行を頼まれ、有名デザイナーのジェームズ・ホルトからミランダのドレスと春物コレクションの目玉商品を受け取りに行くと、そこで偶然憧れの記者クリスチャン・トンプソンに会いました。

クリスチャンからは自分が書いた記事を読んでもらえることになり、アンディは有頂天な気持ちでいたが、クリスチャンからミランダのアシスタントは務まらないと言われてしまいます。

それに戸惑うアンディだったが、ミランダやエミリーたちから徐々に自分の実力を認められ、ミランダからは「アンディ」と名前で呼ばれ、信用した者しか入れない家へのお遣いも頼まれるぐらいに成長していきました。

初めて家へ資料を届けた日、アンディはいたずらっ子な双子の娘に翻弄されるがまま2階へ上がっていくと、そこでミランダが夫のレスリーと夫婦喧嘩をしているところを目撃してしまうのです。

エミリーにその失態を注意されたアンディは、怒っているミランダから「双子の娘へ出版前のハリー・ポッターの新作を見せたいから、午後3時までに用意して」と無茶な要求を言い渡されてしまいます。

何社もの出版社に掛け合ったが当然ながら貸し出しはできず、アンディは首を覚悟したが、そこへ電話をかけてきてくれたクリスチャンが伝手を使って手配してくれたおかげで、何とかクビを回避することができました。

エミリーが流行病に侵された時に出席したパーティー、そこでエミリーをアンディがフォローしたことによって、エミリーとアンディは徐々に仲良くなっていきます。

しかし、ミランダが流行病に侵されたエミリーではなく、アンディを自分が主催するパリのファッションコレクションに同行させると言い出した時から、せっかく近づいた2人の間に亀裂が生じてしまうのです。

 

プラダを着た悪魔|あらすじ【結】

出典元:YouTube予告映像

エミリーが夢だと言っていたパリへの同行を自分が勤め、エミリーは雑用係へと降格されてしまっている様子を見て、自分に決まったと意を決していうことにしたアンディだったが、エミリーはミランダからの買い物中に交通事故に遭ってしまいます。

そんなエミリーにお見舞いと報告をしに行ったアンディは、エミリーから「ファッションに興味がないアンディが選ばれて、何故ファッションが好きで頑張ってきた自分は選ばれないのだ」と言われてショックを受けました。

さらにアンディは、クリスチャンとの仲を誤解されたリリーから自分は変わってしまったと軽蔑され、仕事に没頭するあまり、すれ違いの生活を送っていたネイトとは喧嘩別れしてしまうのです。

酷く落ち込んだアンディだったが、ミランダに同行していったパリのファッションコレクションやパリの夜景に感動し、出席したクリスチャンから優しく愛される夢のような夜を送って幸せな気分でいました。その反対に、ミランダは夫のレスリーと離婚危機を迎えていることで、珍しくアンディに弱音を吐いてしまうのです。

しかしその翌朝、クリスチャンの私物から見慣れないランウェイの雑誌の見本を見たアンディは、クリスチャンから自分は次期編集責任者となり、ミランダは解任してミランダが嫌いな女性・ジャクリーンが編集長となる話を聞かされます。

この事実をアンディはミランダに早く伝えたかったが、多忙なミランダに中々伝えられず、ついにその事が発表されてしまう昼食会の時間になってしまうのです。

前日にスカウトを受けたナイジェルは、憧れだったジェームズのビジネスパートナーになるはずだったが、ミランダからの発表でそれはジャクリーンへ変更となり、ランウェイ編集長はミランダが続投する形になりました。

アンディは次の現場へ向かう途中、ミランダから自分が解任されることは薄々気づいていたこと、それを阻止するためにジャクリーンとジャクリーンを推薦した会長のアーム・ラビッツを説得したのだと聞かされます。

ミランダは”人が何を求めているのか必要としているのか考え、それを超えて自分のために行動する”自分とアンディは似ていると言ったが、アンディはそれには同意することはなく、ミランダの同行を放棄してミランダから連絡があっても携帯を噴水へ投げ捨ててしまうのです。

そんなアンディは帰国後、ネイトと話し合いの末にヨリを戻すこととなり、エミリーとはパリに着たドレスをプレゼントすることで仲直りし、他の出版社に就職することになったアンディは道端でミランダと会っても堂々とその場を立ち去っていきました。

アンディが颯爽と立ち去っていく姿に、出版社へアンディを不器用に推薦したミランダは、ここ何年も見せていなかった笑顔を見せて立ち去っていくのでした。

 

プラダを着た悪魔|感想評価口コミを紹介!

出典元:ヤフー映画

ファッションと仕事の楽しさに気づいたアンディの成長に感動した

出典元:YouTube予告映像

入社したての頃は、ファッションをする楽しさも知らず、ファッションの知識もなかったジャーナリスト志望のアンディが、相談相手のナイジェルからの助言をきっかけにどんどんいい方向に変わっていっている姿がとても感動しました。

それにどんどんオシャレに、綺麗な大人の女性になっていくアンディを見て、自分も変われるかもしれないと勇気づけられた女性も多い事でしょう。

アンディがドレスアップした姿も、出社していく服装も髪型もメイクも、どれも美しくて見惚れてしまいました。

しかも、外見も中身も変わっていったというのに、仕事までバリバリこなせてミランダたちの信頼を勝ち取っていくなんて、本当に凄かったです。尊敬しました。

それに記者になる夢も諦めていなかったアンディが、次々とその才能を高評価し、認めてくれる人たちが出てきてくれたことに関しては、アンディ良かったねと声をかけたくなるぐらい嬉しかったです。

アンディの努力が報われていく瞬間や、最後に面接官に「良い会社に恵まれたね」と褒めてくれた時、涙が出そうになるぐらい感激してしまいました。

 

アンディの葛藤、実は似た者同士だったミランダの弱音を吐くシーンが切ない

出典元:YouTube予告映像

アンディがどんなにミランダたちから無理難題な要求を言われても、黙って応え続けてきたのに、それがまだ報われなかった時のアンディの初めての弱音が切なかったです。

努力が報われるまで、それを認めてくれない悔しさや焦りが込み上げてきて、思わず号泣してしまいそうに辛いのに、それでもアンディは泣かなかったことが偉いなと思いました。

その後に訪れてきた同僚・エミリーの夢を奪ってしまったシーン、せっかく距離が縮んできた2人が、これをきっかけに仲違いしてしまうのは見ていて辛かったです。

それに仕事は順調で成功しているが、そんなアンディと周囲の人間との間に徐々に溝が生まれてきてしまい、プライベートか仕事か悩んでいるシーンは思わず泣いてしまいました。

そして意外だったのが、厳しい表情しか見せないミランダが、仕事に没頭するあまり家庭を蔑ろにしてしまい、愛する夫と離婚の危機に瀕して泣きそうになっているシーンでした。

普段は強いミランダの初めての弱音、このシーンを見てミランダへの意識が変わり、彼女もいろいろあるのだと親近感がわいて、この2人が大好きになりました。

 

ネットでの評価・口コミ

プラダを着た悪魔|映画の結末は?あらすじネタバレと感想評価を紹介!のまとめ

「プラダを着た悪魔」 好評発売中

さて、映画「プラダを着た悪魔」について、ネタバレあらすじ・結末・感想・評価についてたっぷりとお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ファッションが好きな女性やファッションを頑張りたい女性だけでなく、全世界の仕事人にも愛される内容となっていて、誰もが感動できる最高の映画でした。

なのでこの記事をきっかけに女性は勿論ですが、仕事をしている男性にもぜひこの映画「プラダを着た悪魔」を楽しんで観ていただけたら嬉しいです。

 

以上、プラダを着た悪魔|映画の結末は?あらすじネタバレと感想評価を紹介!についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

  1. […] https://sabostudio.jp/archives/10761sabostudio.jp プラダを着た悪魔|映画の結末は?あらすじネタバレと感想評価を紹介!.… https://sabostudio.jp/archives/10884sabostudio.jp […]

  2. […] プラダを着た悪魔|映画の結末は?あらすじネタバレと感想評価を紹介!.… […]

  3. […] プラダを着た悪魔|映画の結末は?あらすじネタバレと感想評価を紹介!.… […]

  4. […] プラダを着た悪魔|映画の結末は?あらすじネタバレと感想評価を紹介!.… […]

タイトルとURLをコピーしました