スポンサーリンク

ハリー・ポッターと秘密の部屋|継承者は誰?黒幕はジニー?

ハリー・ポッターと秘密の部屋アドベンチャー
出典:ピンタレスト
アドベンチャー ファンタジー 洋画
この記事は約6分で読めます。

 

伝説的ファンタジーシリーズの第二弾「ハリー・ポッターと秘密の部屋」

賢者の石を巡る事件を解決したハリーが次に解き明かすのは、ホグワーツに古くからあるという「秘密の部屋」を巡る謎です。

誰も見たことがないという「秘密の部屋」は果たして実在するのか?

そして、誰が「秘密の部屋」を開けたのか?

誰がこの事件の黒幕なのか?

本記事では、「秘密の部屋」にまつわる謎について整理していきます。

 

この記事で分かること

・「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の作品情報

・「ハリー・ポッターと秘密の部屋」スリザリンの真の継承者

・「ハリー・ポッターと秘密の部屋」事件の黒幕

ハリー・ポッターと秘密の部屋 予告編
タイトルハリー・ポッターと秘密の部屋
原題Harry Potter and the chamber of secrets
日本公開日2002年11月23日
上映時間161分
ジャンルファンタジー
監督クリス・コロンバス
脚本スティーブ・クローヴス
製作デヴィッド・ハイマン
製作総指揮クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ
マイケル・バーナサン
デヴィッド・バロン
製作国アメリカ合衆国・イギリス
配給ワーナー・ブラザーズ
スポンサーリンク

継承者は誰だった?

出典:Yahoo!映画

本記事では、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の核心部分に触れるネタバレ要素を含みます。

「真の継承者」はパーセルマウスを使えるあの人!

「秘密の部屋」を作ったサラザール・スリザリンはパーセルマウス、つまり蛇語を話せました。

そして、「秘密の部屋」の入り口の仕掛けには、パーセルマウスが鍵となっていました。

つまり、スリザリンの「真の継承者」はパーセルマウスを使える必要があります。

パーセルマウスで「秘密の部屋」を開けることのできた「真の継承者」とは、トム・マールヴォロ・リドル、つまり後のヴォルデモートでした!

トム・リドルの母親である純血の魔女メローピー・リドルは、サラザール・スリザリンの直系の子孫でした。

そのため、彼には、サラザール・スリザリンの血が流れており、パーセル・マウスを使えるからこそ「真の継承者」になり得たのです。

50年前に彼は「秘密の部屋」を開けることに成功し、バジリスクを操ることで当時の女子生徒のマートルを殺害しました。

ハグリッドとアラゴグに事件の濡れ衣をかけることに成功するが、ダンブルドアに目を付けられてしまい、彼は秘密の部屋を再び開けることはしませんでした。

そのかわりに、自らの日記に力と記憶を注ぎ、日記を手にする「誰かに」スリザリンの思いを成し遂げることを託しました。

そもそもスリザリンの「真の継承者」とは?

ハリー・ポッターたちが魔法を学ぶホグワーツ魔法魔術学校の創設者は4人いました。

その内の1人が、後のスリザリン寮に名前を継がれることになったサラザール・スリザリンです。

サラザール・スリザリンは純血の魔法使いで、マグル生まれには魔法を教えない「純血主義」を唱えていました。

この考えが、グリフィンドールを始めとする他の創設者3人との対立を起こし、ホグワーツを去ることになりました。

その時に、彼はホグワーツに「秘密の部屋」を作り、そこに大きな蛇の化物である「バジリスク」を住まわせたとされています。

目的は、スリザリンの「真の継承者」がのみが「秘密の部屋」を開けることができ、バジリスクを引き連れてホグワーツのマグレ生まれを排除を成し遂げるためでした。
これは伝説として語り継がれておりましたが、「秘密の部屋」は未だに誰も見つけれていませんでした。
 

黒幕はジニー?

出典:Yahoo!映画

実行犯はジニー!でも黒幕ではない?

本映画での「秘密の部屋」事件の実行犯はジニーでした。

彼女が50年ぶりに「秘密の部屋」を開けて、ハーマイオニーたちを石に変えて、ホグワーツを恐怖の底に陥れたのでした。

しかし、彼女は元々パーセルマウスを使える訳でもなく、また「秘密の部屋」を開けたのは彼女の本意ではありません。

実は彼女はトム・リドルの日記に触れてしまった故に、日記に込められたトム・リドルの力に導かれて今回の事件を起こしていました。

彼女は事件の途中で、日記の力に恐れをなしてトイレに捨てたことで、ハリーの手に日記が渡りました。

彼女は最後にはトム・リドルに「秘密の部屋」に連れていかれ、トム・リドルの復活の生贄にされかけました。

ここで疑問なのは、一体彼女は何故日記を持っていたのでしょうか?

それは、ある人物により仕組まれていたのです。

黒幕はルシウス・マルフォイ!

本映画での「秘密の部屋」事件の真の黒幕は、ドラコ・マルフォイの父ルシウス・マルフォイです!

映画序盤で、ダイアゴン横丁でハリーたちが書籍を購入している時に、ルシウス・マルフォイが現れました。

そこで、ジニーの教科書をとり、古本だと嘲笑します。その時に、さりげなくトム・リドルの日記を彼女の教科書入れであるバケツに忍ばせていたのです。

彼は純血主義であり、ヴォルデモートの配下である死喰い人です。また、ジニーの父親であるアーサー・ウィズリーを忌み嫌っており、彼を陥れようとしていました。

これが事件を画策した動機だと考えられます。。

なんと狡猾な男なのでしょうか。

最後に、ハリーに黒幕だと見破られ反撃をしようとするが、ドビーに吹き飛ばされるのは、溜飲が下がる場面でしたね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
 
ジニーが実行犯だったのは意外でしたね。
この事件があったからこそ、ハリーとジニーの仲が深まったきっかけのように思えます。
また、トム・リドルの日記が死の秘宝で明かされる分霊箱の一つだったり、ルシウス・マルフォイの思想が垣間見得たりと、後の重大な伏線が貼られている話ともいえます。
 
以上、ハリー・ポッターと秘密の部屋|継承者は誰だった?についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
U-NEXT
見逃し配信バナー

・無料お試し期間が業界最長の31日間
・無料お試し期間の初回登録で600ポイント付与
・お試し期間終了後も継続すると毎月1,200ポイントが付与される
・登録、解約の手続きが簡単
・無料見放題動画の配信数が業界最多
・最新作がレンタル解禁日にいち早く配信される(一部例外あり)
・動画に加えて雑誌や漫画も読み放題多数
・他の動画配信サービスが取り扱っていない大人向け作品が豊富
・スマートテレビ、Fire TV、Chromecast、PlayStation4に対応
・倍速再生やダウンロードによるオフライン再生が可能
・1つの契約で4回線の登録が可能(家族や友達とシェア可)

ムービーライク

コメント

タイトルとURLをコピーしました