映画人数の町に原作はある?登場人物やキャスト出演者についても解説

この記事は約6分で読めます。

2020年9月4日公開予定のディストピア・ミステリー映画です。

監督・脚本は数々のCM、MVを手掛ける荒木伸二さん、主演は『水曜日が消えた』でも主演を務めた人気俳優中村倫也さんが務めます。

出典:映画.com

 

甘いルックスとコメディからシリアスと幅広い演技で、女性だけでなく男性までも虜にする中村倫也さん。

そんな今を時めく人気俳優の最新作『人数の町』。原作はあるのか?どんな話?誰が出るの?と疑問は尽きません。

皆さんも知りたいですよね?

この記事では映画『人数の町』の原作、登場人物、キャスト、出演者について解説していきたいと思います。

最後まで是非ご覧ください!

 

『人数の町』60秒予告編

人数の町に原作はある?


出典:映画.com

 

本項では、『人数の町』に原作はある?について解説していきます。

 

結論から言うと、『人数の町』に原作はありません完全オリジナル作品と言っていいのではないかと思います。

本作は監督・脚本を荒木伸二さんが務めます。

荒木さんと言えば、松本人志さん出演、「バイトするならタウンワーク」のフレーズでお馴染みのタウンワークのCMを手掛けたことでも有名です。このCMおもしろいですよね。新しいバージョンが次々と出るので流れているとつい見てしまいます!

このCMは2017年第1回木下グループ新人監督賞で241本の中から準グランプリに選ばれました。

他にも数々のCM、MVを手掛けていらっしゃいます。

そんな荒木さんの長編映画デビュー作ということですから期待ですね!

本作は簡単な労働と引き換えに衣食住が保証されセックスで快楽を貪る毎日を送ることができ、出入りも自由だが決して離れることのできない謎の町を舞台に、借金取りに追われていた蒼山(中村倫也)がひげ面の男に助けられ、その奇妙な町の住人となり謎に迫っていくストーリーです。

予告では町へ連れてこられた蒼山が妹を探しに来たという紅子(石橋静河)に出会う様子が映されていますが、何よりもこの町の奇妙で不気味な雰囲気が感じ取れます。興味が湧く展開です。

このストーリーを荒木監督がどう演出し、中村倫也さんがどう演じ、また他の役者さんが中村倫也さん演じる蒼山にどう関わっていくのか、とても気になります。

最近は漫画原作や小説が原作の映画化が多いので、『人数の町』にも原作があるのでは?と思う方もいたと思いますが、本作に原作は存在しないということでした。

人数の町の登場人物キャストは誰?

本項では、『人数の町』の登場人物、キャストについて解説していきます。

 

蒼山哲也(中村倫也)

役柄

最高でも最低でも特別でも何でもない男。借金取りに追われていたところをポールに助けられ、奇妙な町の住民となる。

キャストのプロフィール

本名:中村友也
生年月日:1986年12月24日(33歳)
出身:東京都
代表作:『水曜日が消えた』

2005年公開の映画『七人の弔』で俳優デビュー。
2014年には『ヒストリーボーイズ』で舞台初主演を務める。
同作で第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。
2018年にNHK連続テレビ小説『半分、青い。』に出演し知名度を上げる。
同年Yahoo!検索大賞受賞。
2019年、オーディションにより『アラジン』で主人公アラジンの吹替を担当。
2020年には『美食探偵』『水曜日が消えた』など数々の作品で主演を務める。

 

木村紅子(石橋静河)

役柄

妹を探すために自らの意志で奇妙な町へやってきた。

キャストのプロフィール

本名:石橋静河
生年月日:1994年7月8日(26歳)
出身:東京都
代表作:ウェブドラマ『東京ラブストーリー』

15歳でボストン、カルガリーのバレエスクールに留学。
2013年に帰国しコンテンポラリーダンサーとして活躍。
2015年より女優として活動開始。
2017年公開の映画『夜空はいつでも最高速度の青色だ』に池松壮亮とW主演で初出演を果たす。
同作でブルーリボン賞新人賞など数々の新人賞を受賞。
2018年にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で主人公の幼馴染萩尾律の嫁、より子役を演じ注目を集める。

 

末永緑(立花恵理)

役柄

蒼山より先に奇妙な町の住人になった。美しい謎の女性。

キャストのプロフィール

本名:福田恵理
生年月日:1993年8月20日(26歳)
出身:岐阜県
代表作:『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』

2013年に国立代々木競技場第一体育館で開催された「Girls Award 2013 AUTUMN/WINTER」にて行われたViVi専属モデルオーディションにてグランプリ受賞。ランウェイデビュー。
同年ViVi本誌デビュー。
2019年、「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」に出演し、連続ドラマ初のレギュラー出演を果たす。

 

ポール(山中聡)

役柄

借金取りに追われていた蒼山を助け奇妙な町に案内する。黄色いつなぎを着た髭面の男。

キャストのプロフィール

本名:山中聡
生年月日:1972年1月30日(48歳)
出身:茨城県
代表作:『グラスホッパー』

1996年俳優デビュー。
その後も、1998年『卓球温泉』、2015年『グラスホッパー』、2019年『歩けない僕らは』など数多くのドラマや映画に出演している。

 

映画人数の町に原作はある?登場人物やキャスト出演者についても解説のまとめ

『人数の町』60秒予告編

いかがでしたでしょうか?

映画『人数の町』の原作、登場人物、キャスト、出演者について解説しました。

原作はなく中村倫也さんや石橋静河さんが出演しているということでした!

調べれば調べるほど『人数の町』に興味が湧いてきます。

公開が待ち遠しいですね。

以上、映画人数の町に原作はある?登場人物やキャスト出演者についても解説でした!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] 映画人数の町に原作はある?登場人物やキャスト出演者についても解説2020… […]

タイトルとURLをコピーしました