君の膵臓をたべたい丨実写映画と原作の違いまとめ!ネタバレ解説

出典:IMDb
この記事は約6分で読めます。

 

2017年に公開された、映画『君の膵臓をたべたい』。

 

住野よるさんによる同名小説が原作の実写映画ですが、実は映画化する上で、原作とは大きく異なる設定が追加されていたり、原作にあったシーンがいくつかカットされていることを知っていますか?

 

今日は、『君の膵臓をたべたい』の実写映画と原作の違いをまとめて、ネタバレ解説していきます!

 

関連記事まとめ
君の膵臓をたべたい丨つまらない?なぜ人気?泣けない理由やモヤモヤを調査
君の膵臓をたべたい丨つまらない?なぜ人気なの?泣けない理由やモヤモヤな部分を解説します。
君の膵臓をたべたい|実写映画のセリフ名言集!SNSでの感想も
君の膵臓を食べたい丨「私も君も、一日の価値は一緒だよ。」実写映画の印象的なセリフをまとめてみました。
君の膵臓をたべたい丨ネタバレあらすじラスト結末の解説!見どころも
...
君の膵臓をたべたい丨元彼は通り魔の犯人?伏線は?病気オチでない理由は?
君の膵臓をたべたい丨通り魔の犯人は元彼だったのか?またそれに関する伏線や病気オチでない理由についても解説。
君の膵臓をたべたい丨実写映画ロケ地まとめ!滋賀、京都、福岡のどこ?
君の膵臓を食べたい丨ロケ地は滋賀、京都、福岡であることが判明!詳細と聖地巡礼マップも紹介します。
「君の膵臓をたべたい」予告

実写映画と原作の違いまとめ(ネタバレ)

出典:IMDb

 

原作には描かれていない「12年後」

映画『君の膵臓をたべたい』では、大人になった主人公、志賀春樹が、12年前である学生時代を回想する・・・という流れで話が進んでいきます。

ですが、実は原作にはこの12年後のシーンは描かれていません。

原作は学生時代が進行形で描かれますので、大人になった主人公が過去を回想する、という物語自体は、映画オリジナルの設定なんです。

大人の主人公(志賀春樹)を演じるのが小栗旬さん、親友である恭子を演じるのが北川景子さんとビッグネームが並んでおり、キャストが豪華だなぁと思いましたが、映画だからこそのキャスティングだったということですね。

つまり、恭子の結婚式のシーンや、桜良からの手紙を読むシーンは、実写映画オリジナルのシーンということになります。

桜良からの手紙を恭子が受け取るタイミング

恭子が、桜良からの手紙を受け取るタイミングが原作と映画では全く異なります。

桜良の病気については、原作でも映画でも志賀春樹から恭子へと伝えられます。実写映画ではオリジナルの12年後の姿が描かれていることによって、伝えられるタイミングが異なるのです。

・原作では、志賀春樹が桜良の「共病文庫」を受け取った後。

・映画では、恭子の結婚式の時。

映画では12年も歳月が流れているわけですから、原作とはかなり差があるように感じますね。

映画オリジナルとして12年後を描いているわけですから、恭子が知るタイミングが結婚式となったことには監督の意図を感じます。原作同様のタイミングで真実を知っていたとすると、12年後の姿を描くことがそもそも難しくなってしまうのではないでしょうか。

人生の一つの大イベントである結婚式にその手紙の存在を知ることが出来る・・・というストーリーに変わることで、この映画にしっくり馴染む大切なシーンになっていると思いました。

桜良は2人が仲良くなることを望んでいましたが、原作では「友達になってください」と告げられた1年後、映画ではその場で友達になっており、ここにも若干の差があります。

星の王子さま

物語のキーワードにもなる、サン・テグジュペリの『星の王子さま』。

映画冒頭で、国語教師になった志賀春樹が『星の王子さま』を題材に授業をしていますし、過去回想シーンでは、桜良から志賀春樹にこの本を貸すシーンがありました。

原作では、桜良が志賀春樹を家に呼ぶための口実として貸しています。

その後、映画では桜良の元カレが『星の王子さま』を盗みますが、原作では本ではなく、本に挟むしおりが盗まれます。

微妙な違いではありますが、しおりではなく本自体を盗んだことによって、逆にこの本が2人をつなぐ大切なものだ、という伏線になっているようにも思えます。

原作にしか描かれないシーン

原作には無かった「12年後」が描かれたからこそ、原作ファンも涙する、さらに魅力的な作品となったように思いました。

次に、原作にしか描かれていないシーンをまとめてみました。

志賀春樹から送った最後のメール

「君の膵臓をたべたい」

物語のタイトルにもなるこの一文は、志賀春樹から桜良に送った最後のメールです。

映画では、桜良がこのメールを見たのかどうかがわかりませんでしたが、原作では、桜良がそのメールを読んでいたことを知るシーンがあります

このたった一文に込められた思いを想像するだけで涙が出てきますね。桜良に伝わっていたことがわかって、嬉しいような、切ない気持ちになります・・・。

『共病文庫』の名前の理由

闘病ではなく、共病。なぜこの名前をつけたのか、その理由も原作でのみ描かれています。

”病気になった自分の運命を恨まないって決めたっていうのがある”

原作では桜良はそう言います。高校生らしく、明るくて、まっすぐな思いを感じるシーンです。自分が病気になったら同じ台詞を言えるでしょうか。心の強さがにじみ出ているように思います。

ぜひ浜辺美波さん演じる桜良から聞きたかった台詞のひとつです。

共病文庫の全文

桜良が書いた「共病文庫」の全文を読むことが出来るのは原作だけです。

映画では「共病文庫」にある遺言は途中までで終わってしまい、全文を知ることが出来ません。作者である住野よるさんも、是非小説を読んでほしいことの理由にこちらをあげていました。

原作では、最後のページに遺言が描かれています。

映画には描かれず、しかしそれが良い余韻となっていたようにも思いますが、気になる方はぜひ原作を手に取ってみてくださいね。

実写映画と原作の違いネタバレ解説のまとめ

「君の膵臓をたべたい」予告

ここまで、『君の膵臓をたべたい』の実写映画と原作の違いを解説してきました。

 

12年後の未来を描く、ということで、物語の構成に時間軸の変更があるなど、多々違いもありましたが、それがさらに作品の中身を引き立てているように感じました。

原作を大切にした実写映画であることは間違いないと思います。

原作のみのシーンや台詞もありますので、映画を気に入った方には、是非原作も手に取って、その違いを感じていただきたいと思います。

 

以上、君の膵臓をたべたい丨実写映画と原作の違いまとめ!ネタバレ解説についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

関連記事まとめ
君の膵臓をたべたい丨つまらない?なぜ人気?泣けない理由やモヤモヤを調査
君の膵臓をたべたい丨つまらない?なぜ人気なの?泣けない理由やモヤモヤな部分を解説します。
君の膵臓をたべたい|実写映画のセリフ名言集!SNSでの感想も
君の膵臓を食べたい丨「私も君も、一日の価値は一緒だよ。」実写映画の印象的なセリフをまとめてみました。
君の膵臓をたべたい丨ネタバレあらすじラスト結末の解説!見どころも
...
君の膵臓をたべたい丨元彼は通り魔の犯人?伏線は?病気オチでない理由は?
君の膵臓をたべたい丨通り魔の犯人は元彼だったのか?またそれに関する伏線や病気オチでない理由についても解説。
君の膵臓をたべたい丨実写映画ロケ地まとめ!滋賀、京都、福岡のどこ?
君の膵臓を食べたい丨ロケ地は滋賀、京都、福岡であることが判明!詳細と聖地巡礼マップも紹介します。

コメント

  1. […] 君の膵臓をたべたい丨実写映画と原作の違いまとめ!ネタバレ解説…sabostu… […]

  2. […] 君の膵臓をたべたい丨実写映画と原作の違いまとめ!ネタバレ解説…sabostu… […]

タイトルとURLをコピーしました