メグ ザ・モンスターの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?

この記事は約7分で読めます。

 

200万年前に存在していたと言われている巨大ザメ・メガロドンと思しき巨大鮫が、中国上海沖で確認されました。メガロドン・通称MEG(メグ)は、海水浴客であふれるビーチに迫ります!

 

MEGに立ち向かうのは「ワイルド・スピード」でタフガイぶりを見せた、ジェイソン・ステイサム。脇を固めるのは、中国を始めとする国際色豊かな出演陣です。日本からは海外ドラマ「HEROES/ヒーローズ」で注目された、マシ・オカが参加しております。

 

BD/DVD/デジタル【予告編】『MEG ザ・モンスター』

メグ ザ・モンスターの曲は?

出典:IMDb

 

「メグ ザ・モンスター」で使用された曲について、サウンドトラックを参考にご紹介します。

 

音楽担当はハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

ザ・メグ・モンスターの音楽を担当するのは、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズです。巨大ザメMEG(メグ)こと、メガロドンの存在感を際立たせるような音楽になっていました。

ハリー・グレッグソン=ウィリアムズは、過去に「ザ・ロック」「スパイ・ゲーム」などの、骨太な映画音楽を担当。また「シュレック」や「ナルニア国物語」といった、ファミリー向け映画にも携わっております。

映画を象徴する曲を挙げるとすれば、サウンドトラックのラストを飾る「To our Friend」でしょう。最初は神秘的なメロディが続いたと思いきや、途中で緊迫感のある曲調に変化!

MEGの恐怖感をより一層際立たせるのに、一役買っています。

 

Mickey(歌:Pim)

「Mickey」は、エンドクレジットで流れる曲です。残念ながらTV放映版では、カットされました。

エンドクレジットで起用された曲は、カバー曲になります。カバーの元になったのは1982年に発表されたトニー・バジルの同名曲です。チアガール姿の女の子達が元気いっぱいはじけて踊る曲なので、映画の内容とのミスマッチが何とも言えません。

 

Scum City (歌:Tantcui Tantcui)

Scum Cityを日本語に訳したら、「履き溜まりの街」です。

 

I Love You(歌:David Tao)

しっとりとしたバラード調の曲です。歌っているのは、台湾シンガーのデビッド・タオ。台湾では知らない人がいないほどの、超有名シンガーです。

 

Do Something Crazy (Good Vibes Only)

歌はアウタサイトという、アメリカのラッパーが担当しております。「Do something Crazy」を日本語に訳すと、「何か変なものがしでかすぞ」です。変なものをしでかす「何か」は、MEGの存在を揶揄しているのかもしれません。

 

Beyond the sea(歌:Bobby Drain)

劇中ではなく予告編で流れていましたが、非常に有名な曲なのでご紹介します。

元はフランス人歌手のシャルル・トレネの曲を英語版にカバーしたのが、「Beyond the sea」です。タイトルに聞き覚えがなくても、曲を聞けばピンと来るかもしれません。

有名なところで言えばピクサー映画「ファインディング・ニモ」のエンドクレジットで流れておりました。他にも「アポロ13」「ブラック・レイン」「グッドフェローズ」にも起用されています。

 

メグ ザ・モンスターの音楽に関する口コミ評判は?

出典:IMDb

 

「メグ ザ・モンスター」の音楽に関する口コミや評判は、どうなっているのでしょうか?
SNSで投稿された口コミをもとに、日本と海外の評判をご紹介します。

 

映画の内容とミスマッチ過ぎる音楽

 

 
映画の内容と音楽のミスマッチぶりが凄まじく、困惑の口コミが見られました。
 
映画の内容はMEGとの脅威に立ち向かうもので、とても和気あいあいと踊れる雰囲気ではありません。しかしエンドクレジットに起用されたのは、明るさ爆発の「Micky」です。
 
もしかしたら観客達を困惑させるために、「Micky」を起用したのかもしれません。となると、観客は製作者側の思惑通りに困惑したので、製作者側としてはニヤリとする口コミになったことでしょう。
 

海外の反応は?

 

訳「メグ ザ・モンスターを家族で見て、叫んだり飛んだりはねたりして楽しんだわ。ジョーズの音楽をキュートにしたカンジよね。DVDが出るまで待つわ。

 

 

訳「今まで見た映画で1番最悪だったけど、一気に見ちゃったよ。誰も真剣に見る人はいないだろ。セリフ、音楽のチョイス、演技力、全部馬鹿げてるよ。まあ、また見るけどね。」

サメ映画の金字塔「ジョーズ」を引き合いに、音楽について触れている方が見られました。辛辣な意見も見られましたが、わりと好意的に受け取っていたようです。

 

まとめ

 

本作の音楽を手掛けているのは、今まで数多くの映画音楽を担当してきたハリー・グレッグソン=ウィリアムズです。

パニック映画らしいパンチのきいている音楽が使われているかと思いきや、ミスマッチな音楽も起用されていました。内容が内容だけに重厚感あるものをと期待したい所ですが、ミスマッチだからこそ余計にパニックが煽られるのかもしれません。

 

 

以上「メグ ザ・モンスターの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?」についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました